ページの先頭です

国民健康保険の届け出について

[2017年8月16日]

ID:3492

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

こんなときには届け出が必要です

 国民健康保険に加入する時や、やめたりする時には届け出が必要です。

また、世帯や個人の状況に異動のある場合にも届け出が必要です。

ただし、75歳になられて、後期高齢者医療制度に移行される際には届け出は必要ありません

 

※ 代理の方が届け出をされる場合には委任状が必要となることがあります。

   詳しくは保険年金課までお問い合わせください。

 

 

加入の届け出

 届け出の際に必要なものを以下に掲載しています。ご不明な点は、予め保険年金課までお問い合わせください。

 

他の市町村から転入したとき
  • 他の市町村の転出証明書
  • 印鑑
職場の健康保険をやめたとき
  • 職場の健康保険をやめた証明書(資格喪失証明書等) ※ご自身のみの加入をされる場合は、離職票でも可。※公務員であった方が加入される場合は、辞令でも可。
  • 印鑑
職場の健康保険の被扶養者からはずれたとき
  • 職場の健康保険をやめた証明書(資格喪失証明書等)
  • 印鑑
子どもが生まれたとき
  • 印鑑
生活保護を受けなくなったとき
  • 保護廃止決定通知書
  • 印鑑
外国籍の方が加入するとき
  • 外国人登録証明書 ※平成24年7月9日以降は、住民基本台帳法改正により不要となります。

 

 

やめる届け出

 届け出の際に必要なものを以下に掲載しています。ご不明な点は、予め保険年金課までお問い合わせください。

 

他の市町村へ転出するとき
  • 保険証などの、国民健康保険から交付されているすべての証
  • 印鑑
職場の健康保険に加入したとき
  • 保険証などの、国民健康保険から交付されているすべての証
  • 職場の健康保険の被保険者証
  • 印鑑
職場の健康保険の被扶養者になったとき
  • 保険証などの、国民健康保険から交付されているすべての証
  • 印鑑
国民健康保険の被保険者が死亡したとき
  • 保険証などの、国民健康保険から交付されているすべての証
  • 喪主さまの通帳(金融機関および口座番号、名義人がわかるもの)
  • 印鑑
生活保護を受け始めたとき
  • 保護開始決定通知書
  • 保険証などの、国民健康保険から交付されているすべての証
  • 印鑑
外国籍の人がやめるとき
  • 保険証などの、国民健康保険から交付されているすべての証

 

 

その他

  届け出の際に必要なものを以下に掲載しています。ご不明な点は、予め保険年金課までお問い合わせください。

 

退職者医療制度の対象となったとき

退職者医療制度の詳しい説明は こちら をご覧ください。

  • 年金証書(年金手帳ではありません)
  • 保険証などの、国民健康保険から交付されているすべての証(すでに交付されている場合)
  • 印鑑
同じ町内で住所が変わったとき
  • 保険証などの、国民健康保険から交付されているすべての証
  • 印鑑
世帯主や氏名が変わったとき
  • 保険証などの、国民健康保険から交付されているすべての証
  • 印鑑
世帯が分かれたり、一緒になったりしたとき
  • 保険証などの、国民健康保険から交付されているすべての証
  • 印鑑
修学のため、別の住所を定めるとき
  • 在学証明書
  • 保険証などの、国民健康保険から交付されているすべての証
  • 印鑑
被保険者証を扮失したとき・汚れて使えなくなったとき
  • 身分を証明するもの
  • 印鑑

 

届け出が遅れると

 届け出は、届け出ができるようになった日から14日以内に行ってください。万一、14日以上が経過する場合でも、できるだけ早く届け出をしてください。

 

加入の届け出が遅れると・・・

 国民健康保険の加入は、届け出をした日からではなく、資格を得た日からです。 国民健康保険税は、資格を得た月の分から納めるので、加入手続きが遅れた場合でも加入資格を得た月までさかのぼって納めなければなりません

 

 また、加入手続きを終えられるまでは、被保険者証が交付されていないため、その間の医療費は全額自己負担になります。

 

やめる届け出が遅れると・・・

 国民健康保険の被保険者証がまだ手元にあるため、うっかりそれを使って医療を受けてしまった場合は、後日、国民健康保険で負担した分を不当利得として請求させていただくことがあります。

 

 また、他の健康保険に加入したとき、国民健康保険をやめる届け出をしないでいると、国民健康保険税と、他の健康保険の保険料を両方支払ってしまうことがあります。

 

 ※75歳になり、国民健康保険から後期高齢者医療制度(※)に移行されるときは、国民健康保険をやめる届け出は不要です。