ページの先頭です

公的個人認証サービス

[2016年1月4日]

ID:3728

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

公的個人認証サービスとは

公的個人認証サービスとは、インターネットを通じて安全・確実な行政手続き等を行うために、他人によるなりすまし申請や電子データが通信途中で改ざんされていないことを確認するための機能を「電子証明書」によって提供するものです。
公的個人認証サービスを利用することによって、ご自宅や職場などのパソコンから様々な行政手続き等を行うことができます。

電子証明書について

電子証明は2種類あります

署名用電子証明書

  • インターネット等で電子文書を作成・送信する際に利用します。
    • 電子申請(e-Tax等)
    • 民間オンライン取引(オンラインバンキング等)の登録など (※1)
  • 「作成・送信した電子文書が、あなたが作成した真正なものであり、あなたが送信したものであること」を証明することができます。

利用者証明用電子証明書

  • インターネットサイトやキオスク端末等にログイン等をする際に利用します。
    • 行政のサイト(マイナポータル等)へのログイン
    • 民間のサイト(オンラインバンキング等)へのログイン
    • コンビニ交付サービス利用(※2) など
  • 「ログイン等した者が、あなたであること」を証明することができます。

 

※1 予定。法改正が必要になります。

※2 現時点では川西町では利用できませんが、利用できるようになればお知らせします。

電子証明書の有効期限

窓口で手続きを行った日から5回目の誕生日まで

電子証明書の交付を受けるには

発行手数料

初回発行は無料(再発行は200円がかかります)

必要なもの

個人番号カード

パスワード設定が必要です

個人番号カードは大切な情報ですので、複数の暗証番号で管理しています。
簡単な数字の並びや生年月日、自宅の住所など推測されやすい番号を登録しないでください。なお、暗証番号はお越しになる前にあらかじめ考えておいてください。

必要なパスワードについて
 署名用電子証明書 英数字6 文字以上 16 文字以下で設定できます。
英字は大文字のAからZまで、数字は0から9までが利用でき、いずれも1つ以上が必要です。
 
 利用者証明用電子証明書  数字 4桁
住民基本台帳用・券面事項入力補助用パスワードと同じ暗証番号を設定することもできます

もっと詳しいことは(リンク集)