ページの先頭です

オリンピック・パラリンピックホストタウン事業

[2020年9月14日]

ID:6157

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ホストタウン事業とは

オリンピック・パラリンピックの開催により、多くの選手や観客等が来訪することを契機に、スポーツ振興、教育文化の向上及び共生社会の実現を図ることを目的に、各自治体が国から登録を受けて実施する事業です。

川西町におけるホストタウン事業の目的

川西町ではあらゆる町民の方がスポーツに親しむ環境を作っていきたいという思いから、パラリンピックのホストタウン事業を開始しました。

令和2年を川西町の「パラスポーツ元年」とし、3つの分野で町が発展する契機に位置付けています。

1、多文化共生社会の推進

  町民及び子どもたちに対し国際理解と共生社会の推進を図ります。

2、スポーツ振興

  様々な人がスポーツを親しむ環境を目指します。

3、魅力発信

  川西町の魅力を世界の方々へ発信します。

ホストタウン地域

「プエルト・リコ」(アメリカ合衆国プエルト・リコ自治連邦区)

スペイン語で「美しい港」と意味する「プエルトリコ」、カリブ海の北東に位置し面積は9104キロ平方メートル、人口367万人の自治連邦区です。

首都サンファンは、16世紀にはスペインの植民地の中心都市として発展し1983年には、市全体が世界遺産に認定されました。

人種も様々で、先住民族のインディアナヘナ、アフリカ系黒人、ヨーロッパ系白人、中国人などがいます。

現在はアメリカ合衆国の保護領となっていますが、多くの人がスペイン語を使い、英語はほとんど使われていません。

音楽は、「ボンバ」という情熱的なラテン音楽が生まれた地域です。


プエルトリコ料理「モフォンゴ」

プエルトリコの代表的な料理「モフォンゴ」

素揚げした青バナナとにんにくを押しつぶし、揚げた豚の皮と混ぜ合わせ、塩で味付けしたプエルトリコを

代表する料理です。モフォンゴの作り方も川西町公式YouTubeにアップしましたのでご覧ください。

https://youtu.be/y2yf0yzclyI(別ウインドウで開く)