ページの先頭です

マイナンバー通知カードの廃止について

[2020年5月12日]

ID:5963

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

マイナンバーの通知カードに関する手続きが終了します

法改正により、マイナンバーの通知カードに関する手続きが令和2年5月22日(金)で終了する予定です。


廃止後の「通知カード」の取扱いについて

廃止後は、通知カードに関する以下の手続きが行えません。

・住所、氏名等の記載事項の変更手続き

・交付及び再交付手続き

※転入や婚姻などで氏名や住所に変更がある方は、令和2年5月22日(金)までに変更手続きを行ってください。

現在、通知カードをお持ちの方は、氏名や住所などに変更がない限り、引き続きマイナンバーの証明書類として使用することができます。


廃止後のマイナンバー確認方法

1.マイナンバーカード

2.住民票の写し、住民票記載事項証明(どちらもマイナンバー記載のもの)

3.通知カード(記載事項に変更のないもの)

新しくマイナンバーが付番される方へ

通知カードに関する手続き終了後に、出生届や海外から転入された方へは、個人番号通知書(仮称)を郵送する予定です。なお、同通知書はご自身がマイナンバーを確認するものであるため、マイナンバーの証明書類として利用できず、記載事項の変更・再発行もできませんので、ご注意ください。