ページの先頭です

子育てと町

充実の子育サポート

川西町版ネウボラ(保健センター、子育て支援センター)

施設室内の様子 支援の様子

福祉大国であるフィンランドの子育て支援制度をお手本に、川西町で子どもたちが健やかに育つためのサービスを仕組み化したのが、川西町版ネウボラ。
妊娠・出産から就学までの相談や支援・健診等を行う保健センターと、親子が集える場の提供や交流を促進するための行事を行う子育て支援センターが、連携して切れ目ない子育て支援を行います。
保健センターでは、相談室(ネウボラルーム)を設け、妊娠期から就学前まで様々な不安や悩みを気軽に立ち寄り相談できる居場所づくりなどに努めています。子育て支援センターでは、年齢別親子広場やご近所さんが集う「めばえ広場」、1歳までの子どもとその保護者が集う「きずなサロン」など親子の交流に取り組み、子育て講座や育児相談も実施しています。これからもますます充実・強化に努めます。
→ 保健センター
→ 子育て支援センター

預かり保育

預かり保育の様子

普段子育てに追われて中々プライベートな時間を持つことが出来ない保護者が、少しの間好きな習い事やお買い物など自己実現のための時間を持っていただくことを目的として、預かり保育を実施しています。対象は川西幼稚園に通っている子どものいる保護者で、年末年始・土・日曜・祝日以外の平日予約制。免許を持ったスタッフが常駐していますので、安心して預けられると好評を頂いています。

小学校新1年生に制服支給

制服の写真と貝ボタン

平成29年4月からスタートした新サービス。小さな子どもを持つ保護者の負担を少しでも和らげることができるよう、川西小学校に入学される子どもを対象に制服1組(上下)を支給しています。支給する制服には川西町の地場産品である「貝ボタン」を使用しています。

木育広場

積み木で遊ぶ様子

平成29年4月から、川西文化会館2階に木育広場を開設しました。奈良県産天然木を使った木の玉プールに積み木や遊び道具を用意しており、どなたでも遊ぶことができます。無料開放していますので、子どもたちはもちろん保護者同士の交流の場としても活用していただけます。