ページの先頭です

日本脳炎予防接種のお知らせ

[2017年6月29日]

ID:2637

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成17年度から21年度の間に日本脳炎の予防接種の機会を逃した方々の接種期間が緩和されました。

 日本脳炎の予防接種は、接種後に重い病気になった事例があったことをきっかけに平成17年度から平成21年度まで、接種勧奨を控えていました。

 その後、新たなワクチンが開発され、現在は日本脳炎の予防接種を通常どおり受けられるようになっています。

 下記の対象者に該当する人は、特例措置として第1期の接種回数(3回)及び第2期(1回)の合計4回の接種に不足回数がある場合は、不足分を接種することができます。


 *ただし、第2期の接種は9歳以上でないと接種ができません。

特例対象者

特例対象者<1>

 平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれの人で、第1期の接種(3回)に不足回数がある人


 <接種期間>

  9歳~13歳未満の間


特例対象者<2>

 平成19年4月1日以前に生まれた20歳未満の人


 <接種期間>

  20歳になる前日までの間

接種回数と接種間隔一覧
 既に接種した回数 接種回数(全4回) 接種間隔
 全く受けていない方 残り4回(1期3回、2期1回) 1回目の接種後6日~28日あけて2回目の接種をし、その後6ヶ月(標準的にはおおむね1年以上)あけて3回目の接種をします。
 4回目(2期接種に相当)の接種は、3回目の接種後6日以上あけて接種します。(1年以上あけることが望ましい)
 1回接種を受けた方 残り3回(1期2回、2期1回) 2回目と3回目の間は6日以上あけて接種します。
 4回目(2期接種に相当)の接種は、3回目の接種後6日以上あけて接種します。(1年以上あけることが望ましい)
 2回接種を受けた方 残り2回(1期1回、2期2回) 3回目と4回目(2期接種に相当)は6日以上あけて接種します。(1年以上あけることが望ましい)
 3回接種を受けた方 残り1回(2期1回)
 4回目(2期接種に相当)の接種を行います。


 接種を希望する方は、母子健康手帳を持参のうえ保健センターまでお越しください。確認のうえ予診票をお渡しします。

接種医療機関

 町内医療機関及び国保中央病院


※上記以外の医療機関での接種を希望される場合は、事前に保健センターでの手続きが必要です。(事前手続きをせず医療機関に行くと、接種してもらえない場合もあります)

 接種する予防接種の予診票と母子健康手帳を持参してください。

 

※事前に予約が必要な場合がありますので、必ず接種前に希望する医療機関にお問い合わせください。

お問い合わせ

川西町役場福祉部保健センター

電話: 0745-43-1900

ファックス: 0745-43-2812

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム