ページの先頭です

子育てと町

楽しい教育制度

少人数学級(小学校1・2年生)、漢字検定料の一部助成

小学校低学年の学級編成は、国の基準では1年生は35人、2年生は40人を超えない範囲となっています。川西町では子どもたちが集団生活により早く馴染むことができる、教職員が子どもたちとより向き合うことができる環境づくりを目指し、低学年(1・2年生)を対象に30人を超えないようにクラス編成をしています。 中学年以上では、一部科目に少人数指導を取り入れ、一人一人の学びの意欲や歩みにあわせた指導に取り組むほか、より学びたい子どもたちを後押しするために漢字検定料の一部助成をおこなっています。

授業の様子

放課後子ども学習会

家庭学習の定着と放課後の居場所づくりを目的として水曜日の放課後、小学生を対象に開講しています。地域の方々が学習支援員として子どもたちの自学自習を支援してくれています。

学習会の様子

能楽体験(小学校4年生)

川西町は能楽の観世流発祥の伝承地です。その歴史を活かして、地域に親しみ、日本の伝統文化を学ぶ機会として観世流能楽師の指導の下、学校の授業で学びます。

能楽体験の様子

子ども議会

小学6年生の社会科学習で議会や行政の仕組みを学ぶため、町議会の議場を使用して、年1回子ども議会を開会しています。各グループに分かれて討議した質問を携え、グループ代表が質問をします。

議場での子供議会の様子

充実した学校給食制度

子どもたちに出来立ての温かい食事を提供するために、小学校・中学校ともに校内の設備で毎日、給食を調理しています。幼稚園にも小学校から給食を週3日届けて、統一した食育に努めています。

サンプル

川西スポーツクラブ

幼児からシニアまで幅広い年齢層の人たちを対象とし、いつでも気軽に楽しく参加できるクラブとして活動しています。スポーツを通して体力・技能の向上や健康増進を目的に、多様な種目の教室・クラブを安価な費用で参加できるようにしています。 また、住みよく活性していくまちづくりの一端を担うクラブであるべく、多くの人に参加してもらえるイベントなどを企画し、町民の交流と親睦を図ることを目的に、日々活動しています。

川西スポーツクラブ

  • サンプル
  • サンプル