ページの先頭です

人・農地プランについて

[2019年10月7日]

ID:5666

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

人・農地プランについて

人・農地プランとは

  人・農地プランとは、農業者が話し合いに基づき、地域における農業において中心的な役割を果たすことが見込まれる農業者(「中心経営体」といいます。)、当該地域における農業の将来の在り方などを明確化し、市町村により公表されるもので、農地中間管理事業の円滑な推進を図るための手段として位置付けられています。

 今、農業を取り巻く環境は、農業者の高齢化が進む中で、後継者が不足しているとういう非常に厳しいものです。事実、農業に従事されている大多数が高齢者で若年層は極少数という光景は、地域を問わず見受けられるところです。農地を守り、将来に継承していくことを地域で考え、徹底した話し合いに基づいて地域農業の未来図を描こうというのが「人・農地プラン」です。なお、市町村や農業委員会など、関係者の参加の下で、アンケートや地図を活用し、地域の話合いの場において、農業者が地域の現況と将来の人・農地問題を関係者で共有することにより、今後の農地利用を担う中心経営体への農地の集約化に関する将来方針について作成されたものです。

人・農地プランの具体的な進め方及び市町村・都道府県・国が行う手続きは下記添付ファイルのとおりです。

 上記の手続きにより作成された人・農地プランは実質化されたプランとして新規就農者への交付金や中心経営体の事業借入金に対する金利支援など、国庫補助事業を活用する際の採択要件とされ、地域農業の将来を守るための手段として人・農地プランの実質化が求められています。

川西町での人・農地プラン作成への取組み

 川西町でも人・農地プランを作成を予定している地区について、工程表を作成しましたので、添付ファイルのとおり公表します。

(工程表の凡例)

1アンケートの実施、 2地域の状況の地図化、 3地域の徹底した話合い、 4話合いの結果の取りまとめ及び公表

「人・農地プラン」作成に係る工程表の公表

「地域の道しるべ」として継承と更新が必要

 地域農業の将来について、しっかりとした話合いにより方針が作成されていると一農家が高齢化や後継者などの問題に直面しても地域の問題として捉え、柔軟に対応することができます。しかしながら、地域の状況は刻々と変化しますので、「人・農地プラン」を「地域の道しるべ」として生かすには、次世代に継承するとともに定期的な更新を図ることが必要です。