ページの先頭です

マナーを守って動物と暮らそう

[2016年3月8日]

ID:1674

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 飼い主の方は、命ある動物の所有者であることを自覚して、動物の種類や習性などをよく理解してあげてください。

 そして、飼い主の方の目の届く範囲の数で飼うようにして、飼っている動物とともに健康で安全に過ごせるようにしていきましょう。

 また、飼っている動物が他の人の身体を傷つけたり、持ち物を壊したり、迷惑をかけたりすることがないよう気を配ることも、飼い主の方の責任となります。

 これらのことに努めながら、動物との楽しい暮らしをおくりましょう。

飼い主の方が守るべきことがら

「奈良県動物の愛護及び管理に関する条例」では、飼い主の方が守るべきことがらとして、次のことが謳われています(関連箇所抜粋)。

動物の飼い主の遵守事項

  1. 適正にえさ及び水を与えること。

  2. 疾病の予防等健康管理を行うこと。

  3. 適正に飼養施設を設けること。

  4. 飼養施設内外の汚物等を適正に処理し、常に清潔を保つこと。

  5. 公共の場所又は飼い主以外の者の土地その他の物件を汚し、又は損傷させないこと。

  6. 異常な鳴き声、臭気、羽毛等により人に迷惑をかけないこと。

  7. ほ乳類に属する動物の離乳前の譲渡は行わないこと。

  8. 逃走した場合は、捜索し、収容すること。

犬の飼い主の遵守事項

  1. 次に掲げる方法により、常に、飼養する犬が人の生命等を侵害することのないようにしておくこと。
    ア 飼養する犬の形態、性状等に応じ、丈夫な綱、鎖等で固定的な工作物等に係留すること。
    イ 飼養する犬の形態、性状等に応じ、おり、囲い等の障壁の中で飼養すること。
    ウ 飼養する犬を連れ出す場合にあっては、飼養する犬の形態、性状等に応じ、丈夫な綱、鎖等で保持する等これを制御できるようにしておくこと。
  2. 犬の種類、発育状態等に応じて適正な運動をさせること。
  3. 犬の生態、習性及び生理を理解した上で、当該犬に適したしつけを行うこと。

関係先リンク

お問い合わせ

川西町役場福祉部健康福祉課

電話: 0745-44-2631

ファックス: 0745-44-4780

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム