ページの先頭です

生活安全ニュース(平成29年8月)

[2017年8月1日]

ID:4680

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

8月のお知らせ

女性を狙った性犯罪に注意しましょう

  夜間外出するときや駅からの帰宅途中など、一人で歩くときは周囲に気を配り、被害に遭わないように気をつけましょう。怪しい人を見かけたり、不審に感じることがあれば、些細なことでも警察に相談してください。

夜間外出する際や帰宅途中の防犯チェックポイント

① 携帯電話や音楽プレイヤーは、歩きながら使用しない。

② 遠回りでも、人通りのある道や明るい道を選んで通行する。

③ 深夜には家族などに迎えに来てもらう。

④ 後ろを振り返るなど周囲を警戒する。

⑤ 防犯ブザー等を活用する。   

安全で楽しい登山をするために

 8月11日「山の日」を迎えるにあたり、全国的に山岳遭難の増加が懸念されています。奈良県内の山岳遭難件数は5月末現在で23件(うち死者3名)と昨年を上回るペースで発生しています。

登山の際には、次の4点に注意してください。

① 複数人での登山の励行(初めての登山コースは経験者と同行)

② 適性な登山計画(体力、技能に見合った登山計画)

③ 十分な装備(服装)と食料品(非常食)の携行

④ 通信手段の確保

    

  また、登山届を作成することで、万が一遭難事故に遭った際には、捜索のための手がかりになると共に、登山計画に無理がないか再確認することにもなります。登山届の様式等については、奈良県警察ホームページ「くらしの安全」に掲載していますのでご覧ください。   

飲酒運転の根絶に向けて

  これから夏の行楽期を迎え、帰省先や旅行先などで飲酒の機会が増える時期です。

  飲酒運転が引き起こす悲惨な交通事故は、被害者・加害者とその家族の人生に大きな影響を与え、結果は取り返しのつかない重大なものになります。それでも、飲酒運転はいまだに無くなりません。「これくらいの量なら」「これくらいの距離なら」「少し休んだから」などと自己判断で運転をせず、「飲んだら乗るな、乗るなら飲むな」を肝に銘じ、飲酒運転は絶対にやめましょう。