ページの先頭です

軽自動車税

[2015年4月1日]

ID:3605

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

軽自動車税について

軽自動車税は、原動機付自転車・軽自動車・小型特殊自動車及び二輪の小型自動車に対してかかる税金です。

対象者

毎年4月1日現在に川西町内に主たる定置場のある軽自動車等を所有している方に課税されます。

※4月2日以降に軽自動車などを所有した場合にはその年度の税金はかかりません。反対に、所有していた軽自動車等を4月2日に廃車されても、その年度の税金は納付していただく必要があります。なお、年度の途中で、廃車・名義変更等をされた場合でも、税金の月割り還付は発生しませんので、ご注意ください。

 

手続き

原付・オートバイ・軽自動車(以下「軽自動車等」)を購入・廃車したり、名義変更したりする場合は手続きが必要となります。下記に該当する場合は必ず手続きしてください。

手続きが必要な場合

手続が必要な場合(例)
手続きが必要な場合 手続き内容 
軽自動車等を購入した場合 新規登録 
軽自動車等を譲り受けた場合
軽自動車等を譲り渡した場合 
名義変更
(又は廃車と新規登録) 

町内で住所を変更した場合
町外から転入した場合
町外へ転出した場合

住所変更
(又は廃車と新規登録) 
排気量の変更により登録種別を変更する場合種別変更 
ナンバープレートを破損、盗難、紛失した場合破損以外は警察へ盗難・紛失届等を提出した上で標識再交付 
軽自動車等が盗難等にあった場合警察へ盗難届等を提出した上で廃車 
所有者が死亡した場合他の方が使用する場合は名義変更
誰も使用しない場合は廃車 
事故や故障等により使用できなくなった場合
軽自動車等を廃車する場合 
廃車 

上記の表は手続きが必要な場合の例となります。
ご不明な点等がある場合は、各届出先にお問い合わせください。

手続き先(届出先)

手続き(届出)を行うところは、お持ちの軽自動車等の種類によって異なります。

届出に必要なもの等、ご不明な点につきましては、各届出先にお問い合わせください。

 

届出先
 車種届出先 
 原動機付自転車(125ccまで) 
 ミニカー
 小型特殊自動車 
 川西町税務課
 TEL:0745-44-2642  
 軽自動車
 (軽三輪・軽四輪) 
 軽自動車検査協会奈良事務所
 住所:大和郡山市額田部北町980-3
 TEL:050-3816-1845
 軽二輪車
 (125ccを超え250cc以下) 
 全国軽自動車協会連合会奈良事務所(※1)
 住所:大和郡山市額田部北町981-8
 TEL:0743-58-3700 
 二輪の小型自動車
 (250ccを超える) 
 近畿運輸局奈良運輸支局
 住所:大和郡山市額田部北町981-2
 TEL:050-5540-2063 
※1・・・平成31年7月1日以降は近畿運輸局奈良運輸支局が窓口となります。

川西町役場で手続きが必要な場合の持参物

川西町での手続きに必要なもの
手続き例 原則、持参が必要なもの 
新規に登録する場合 ・販売証明書
・窓口に来る方の本人確認できるもの(運転免許証、健康保険証等)
・印鑑(所有者、使用者のもの) 
名義変更する場合 ・廃車済みの場合は廃車証明書
(未廃車の場合はナンバープレートと標識交付証明書)
・譲渡証明書
・窓口に来る方の本人確認できるもの(運転免許証、健康保険証等)
・印鑑(所有者、使用者のもの) 
 住所を変更する場合

 <町内での住所変更>
・窓口に来る方の本人確認できるもの(運転免許証、健康保険証等)
・印鑑(所有者、使用者のもの)

<町外から転入した場合>
・前住所で廃車済の場合は廃車証明書
(未廃車の場合は、前住所のナンバープレートと標識交付証明書)
・窓口に来る方の本人確認できるもの(運転免許証、健康保険証等)
・印鑑(所有者、使用者のもの)

<町外へ転出する場合>
・ナンバープレートと標識交付証明書
・窓口に来る方の本人確認できるもの(運転免許証、健康保険証等)
・印鑑(所有者、使用者のもの)
※新住所地で廃車及び登録を行うことも可能です。
  必要なものについては、新住所地の市区町村にてご確認ください。

改造して排気量が変わった場合 ・改造証明書と改造箇所のわかる写真
・ナンバープレートと標識交付証明書
・窓口に来る方の本人確認できるもの(運転免許証、健康保険証等)
・印鑑(所有者、使用者のもの)
ナンバープレートを破損・盗難・紛失した場合 

<破損>
・破損したナンバープレートと標識交付証明書
・窓口に来る方の本人確認できるもの(運転免許証、健康保険証等)
・印鑑(所有者、使用者のもの)

<盗難・紛失等>
・警察での盗難・紛失届の受理証明書又は受理番号
・標識交付証明書
・窓口に来る方の本人確認できるもの(運転免許証、健康保険証等)
・印鑑(所有者、使用者のもの) 

軽自動車等が盗難等にあった場合 

・警察での盗難等の受理証明書又は受理番号
・標識交付証明書
・窓口に来る方の本人確認できるもの(運転免許証、健康保険証等)
・印鑑(所有者、使用者のもの) 

所有者が死亡した場合 

<誰か別の方が亡くなった方の軽自動車等を使用したい場合>
 名義変更手続きとなります。名義変更の場合をご参照ください。

<誰も亡くなった方の軽自動車等を使用しない場合>
 廃車の手続きとなります。 廃車の場合をご参照ください。

事故や故障等により使用できなくなった場合
廃車したい場合 
・ナンバープレートと標識交付証明書
・窓口に来る方の本人確認できるもの(運転免許証、健康保険証等)
・印鑑(所有者、使用者のもの) 

※ 手続きに必要なものは、個々の事情によって追加される場合があります。また、法律上、軽自動車等を運転出来ない方(無免許等の方)が使用する旨の届出がなされた場合で上記事実が判明した場合には届出を却下することもあります。

※ 軽自動車は毎年4月1日現在に登録のあった所有者に課税されます。廃車等の手続きをせずに放置しておくと、いつまでも課税されることになります。ご注意の上、手続きが必要な場合は必ず手続きしてください。
  

自賠責保険(自賠責共済)について

 道路(自動車道及び一般交通の用に供するその他の場所を含む)を走行する自動車(農耕用特殊自動車を除き、原動機付き自転車を含む。)は、「自動車賠償責任保険(自動車賠償責任共済を含む。以下、自賠責保険)」への加入が義務づけられています。
 自賠責保険の加入手続き・解約手続き等は役場では出来ませんので、自賠責保険の取扱い代理店で必ず加入手続き等を行ってください。
 なお、未加入や期限切れで走行すると罰せられますのでご注意ください。

 

軽自動車税額について

軽自動車税額
車  種 平成27年3月31日以前に新規登録された車両の税額 平成27年4月1日以降に新規登録された車両の税額
原動機付自転車 総排気量 50cc以下(白色標識) 2,000 円 2,000 円
50ccを超え90cc以下(黄色標識) 2,000 円 2,000 円
90ccを超え125cc以下(桃色標識) 2,400 円 2,400 円
ミニカー 総排気量が50cc以下の三輪以上のもので、
次のいずれかに該当するもの(水色標識)
(1)輪距が50cmを超えるもの
(2)輪距50cm以下で車室を備えたもの
3,700 円 3,700 円
小型特殊自動車 農耕作業用(緑色標識)
(コンバインやトラクターなどで乗用装置のあるもの)
2,000 円 2,000 円
農耕作業用以外のもの(緑色標識)
(フォークリフト、ショベルローダなど)
5,900 円 5,900 円
二輪の小型自動車 総排気量が250ccを超えるもの 6,000 円 6,000 円
軽自動車 二輪(総排気量が125ccを超え250cc以下) 3,600 円 3,600 円
三輪(総排気量が660cc以下) 3,100 円 3,900 円
四輪以上
(総排気量が660cc以下)
乗 用 自家用 7,200 円 10,800 円
営業用 5,500 円 6,900 円
貨物用 自家用 4,000 円 5,000 円
営業用 3,000 円 3,800 円

 ※ボートトレーラー等の被けん引車(長さ3.40メートル以下,幅1.48メートル以下、高さ2.00メートル以下のもの)については、軽自動車の二輪・三輪・四輪の区分に応じて、税金が課せられます。

  上記表の税額については、次の場合に、川西町税条例に基づく減免の制度があります。

 1.公益のため直接専用する軽自動車等

 2.身体障がい者等(身体又は精神に一定基準以上の障がいのある人)が所有する軽自動車(本人が18歳未満の場合にはその家族が所有する軽自動車等を含む)で、身体障がい者等のために生計を一にする者又は常時介護する者が用する軽自動車等で町長が必要と認めるもの(1台に限る)

 申請により、減免を受けることができます。詳しくは川西町税務課までお問い合わせください。

 

軽自動車税のグリーン化(重課・軽課)について

 軽自動車税のグリーン化(重課・軽課)とは、地球温暖化防止及び大気汚染防止の観点から環境にやさしい自動車の開発・普及の促進をはかるため、排出ガス及び燃費性能の優れた環境負荷の小さい自動車については税率を軽減(軽課)し、逆に、新車新規登録から一定年数を経過した環境負荷の大きい自動車については税率を重く(重課)する特例措置です。

 

軽三輪・軽四輪の【軽課】について

 平成29年4月1日から平成30年3月31日までに新車新規登録され、一定の環境基準を達成した三輪及び四輪以上の軽自動車は、平成30年度は以下の軽課税率が適用されます。
軽三輪・軽四輪(乗用車)
車種区分現行税率軽課税率
ガソリン車・ハイブリッド車電気自動車等
平成32年度
燃焼基準+10%を
満たすもの
平成32年度
燃焼基準+30%を
達成するもの
軽三輪3,900 円3,000 円2,000 円1,000 円
軽四輪乗用自家用10,800 円8,100 円5,400 円2,700 円
営業用6,900 円5,200 円3,500 円1,800 円
軽三輪・軽四輪(貨物用)
車種区分現行税率軽課税率
ガソリン車・ハイブリッド車電気自動車等
平成27年度
燃焼基準+15%を
達成するもの
平成27年度
燃焼基準+35%を
達成するもの
軽三輪3,900 円3,000 円2,000 円1,000 円
軽四輪貨物用自家用5,000 円3,800 円2,500 円1,300 円
営業用3,800 円2,900 円1,900 円1,000 円

軽三輪・軽四輪の【重課】について

 グリーン化を進める観点から、新車登録後13年を経過した車両は、その翌年度から重課税率が適用されます。

※ただし、電気軽自動車・天然ガス軽自動車、メタノール軽自動車、混合メタル軽自動車及びガソリンを内燃機関の燃料としている電力併用軽自動車並びに被牽引自動車は除きます。

軽三輪・軽四輪 重課税率
車種区分現行税率登録後13年超
(重課税率)
軽三輪 3,900円4,600 円
軽四輪乗用自家用

10,800 円

12,900 円
営業用6,900 円8,200 円
貨物用自家用5,000 円6,000 円
営業用3,800 円4,500 円

お問い合わせ

川西町役場 税務課

電話: 0745-44-2642

ファックス: 0745-44-4780

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム