ページの先頭です

障害者のための「災害時安心プロフィール」シートを作成しました

[2016年3月8日]

ID:2312

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

磯城郡地域自立支援協議会が災害時に障害者をサポートするためのシートを作成

平成23年6月、磯城郡3町や障害者自身の関係者、障害福祉サービスを提供する事業所などで構成される磯城郡地域自立支援協議会が設立されました。

この協議会のワーキンググループでは、災害時に障害者が支援を受けやすくするためにはどのような手段があるかという課題について話し合われてきました。

その成果としてこの度、「災害時安心プロフィール」シートが作成されました。

 

「災害時安心プロフィール」シートを携帯しましょう

「災害時安心プロフィール」シートは、災害時に障害のある方が適切に避難し、避難先で周囲の理解を得てサポートを受けられるための情報伝達手段です。

このシートは、あらかじめ必要な情報(障害特性や緊急連絡先など)をカードに記入しておき、障害のある方が日ごろから所持し、手助けが必要なときに周囲の人たちに提示します。

周りの人たちは、シートを読むことでその方の障害特性を理解して協力することができます。

もし対応に困ることがあっても適切な連絡先に相談することができます。

 

携帯時写真

このようにチャックつきビニール袋に入れて携行できるようにしています。また、シートには耐水性に優れた用紙を使用しています。

折り方

シートは携帯しやすいようにA4サイズの用紙を蛇腹に折ることによって、コンパクトなカードサイズになります。

 

 

シートは役場などで配布しています

シートは次の各場所で配布していますので、シートの所持を希望される方は直接窓口にお越しください。

また、このシートは、書き漏らしを防ぎ、防災準備の再点検を図るためにも、ご本人と家族や支援者とが相談しながら記入することを推奨しています。

  • 配布対象 磯城郡在住の障害者
  • 配布場所 役場健康福祉課・川西町社会福祉協議会

 

 

【支援者の皆さまへ】あなたの支援が必要です

東日本大震災では、障害のない人に比べて障害者の死亡率が2.5倍になるというデータが発表されるなど、災害発生時や避難時で、障害者は極めて厳しい状況におかれることが分かってきました。

そういった情報を踏まえて、今回このシートが作成されました。

このシートは、障害のある方が災害発生から48時間というもっとも危機的な状況を乗り越えるために、連絡先やご自身のこと、その方の障害特性やお手伝いして欲しいことで構成されています。

もし、身近にお困りの障害者がいたらお声がけをいただいて、このシートの情報を活用することで、すみやかな支援につながるようご協力をお願いします。

 

協議会の活動にご理解とご協力を

磯城郡地域自立支援協議会では、障害がある方だけでなく、すべての住民がともに暮らしやすい地域を目指して、地域の実態や課題を話し合い、構成員自らがより良い地域にしていくための活動を行っています。

今回の「災害時安心プロフィール」シートの作成の他にも、障害者の居場所づくりをモニタリングするためのイベントや、地域の福祉サービスを提供する事業所情報をわかりやすく提供する活動など様々な活動を行っています。

これらの活動には、地域の皆さまの支援が必要となります。今後も協議会の活動に対して、ご理解、ご協力をお願いいたします。

お問い合わせ

川西町役場 健康福祉課

電話: 0745-44-2631

ファックス: 0745-44-4780

電話番号のかけ間違>いにご注意ください!

お問い合わせフォーム