ページの先頭です

公的資金補償金免除繰上償還について

[2013年5月9日]

ID:2216

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

公的資金補償金免除繰上償還について

公的資金補償金免除繰上償還とは?

 この制度は、国が示す一定の条件を満たす地方公共団体を対象に、平成19~21年度及び平成22~24年度までの各3年間で、補償金を支払うことなく高金利(5%以上)の公的資金を繰上償還し、低金利な民間資金等に借り換え等を行うことにより、公債費負担を軽減する制度です。

 

 ■語句の説明

  公的資金・・・旧資金運用部資金、旧簡易生命保険資金、公営企業金融公庫資金。

  補償金・・・公的資金の借り入れを繰上償還する場合に払わなければならない違約金的なもの。

 

本町の取り組み

 本町におきましては、川西町財政健全化計画及び下水道事業経営健全化計画を策定し、総務大臣及び財務大臣の承認を得て、補償金免除繰上償還を実施しました。

 これにより、後年度において、約1,790万円程度の利子負担の軽減となります。

平成25年3月実施分
繰上償還額 本来利子額 利子軽減額 補償金免除額
普通会計 25.4 3.2 3.1         -
下水道会計 58.8 16.5 14.8 15.2
合計 84.2 19.7 17.9 15.2

     (単位:百万円)

  ※「利子軽減額」は、本来利子額と借換後の差額で、支払う必要がなくなった利子額です。
  ※「補償金免除額」は、財政融資資金を繰上償還した場合に、本来必要となる補償金額です。

 

なお、健全化計画の概要につきましては、下記ファイルをご覧下さい。

公的資金補償金免除繰上償還に係る健全化計画(概要)

(ファイル形式:PDF サイズ:947.15 KB)